前へ
次へ

生き甲斐を尊重したい日本の医療

終活を真剣に考える方が増えていますが、それは実は当たり前のことではないでしょうか。
人生の充実の有無は、決しては長さではありません。
延命処置を望まない患者さんも増えていますし、日本の医療は変革期に入っていると言えます。
緩和ケアも含めてになりますが、患者ファーストの精神が根付いている証拠と言えます。
日本の医療は世界のトップだと評価を受けていますし、欧米とトップを争っています。
世界が注目していますし、今後も更なる発展が期待されています。
これからの課題としては、患者と家族との距離を近くすることではないでしょうか。
患者の意向を尊重して治療することが出来ると、QOLは格段に上がると言われています。
私たちの人生は、いつ何時病気になるか分かりません。
大病をすると人生観が変わりますし、周囲に優しく出来ると言われています。
人間として一回りも二回りも大きくなれますし、絶対に生還を果たすべきです。
ガッツと情報収集です。

Page Top